アンパンメン 面白さと感想

スポンサーリンク



タイトル:アンパンメン

作者  :内田麻美

漫画  :マンガ図書館Z

 

アンパンメンのあらすじ

主人公相川コウジ独身30歳 経営者でベンチャーをしている。

相川コウジは子供のころ優秀でいつか日本を変え起業家になると志していた。

新たなウェブサービスのための出資をあなたには経営者としての強みが無いと断られ切り捨てられ、そのことに絶望し自暴自棄となり交通事故に遭ってしまった。

目が覚めた時には周りの人は着物を着て商人が侍に刀で切られたところだった。

一心不乱にその場から走り立ち去った場所はの牛屋(牛肉専門の飯屋)に逃げ込み運命の人と出会った。

北村安兵衛と出会い、火事現場に遭遇し異邦人の家に招かれたり、帰り道で襲わたり、歴史的偉人に出会う。

そこは徳川家の治世が終わり、明治時代となった時代に渡ってしまった相川は日本を変えようとする起業家たちに出会っていくのであった。

 

アンパンメンの感想

ちょっと変わったタイムスリップの物語。

旧時代で未来を切り開く起業家達と出会い、学び考え日本独自の新しいものを作りだしていく。

あなたには経営者としての強みがないと言われた意味がこの時代の人達と関わっていくうちにあの時に持っていなかったものを得ることができた。

この時代の商売を学ぼうと決意を決めた相川が今後どうなるかが非常に気になります。

 

 

興味がある方はこちらへ
漫画 マンガ図書館Z

 

 

コミックス


アンパンメン 明治起業家譚 1 (MFC)

Amazon Kindle版
7net 楽天ブックス
DMM  

 

コメントを残す