殺人無罪 面白さと感想

スポンサーリンク



タイトル:殺人無罪

作者  :原作.熊谷純 漫画.上田宏

漫画  :となりのヤングジャンプ

 

殺人無罪のあらすじ

主人公 聖沢ウタ (ひじりさわうた)二十三歳

二十歳にして史上二番目の若さで司法試験を合格、自分の目的のために全ての依頼で無罪を勝ち取る無敗の弁護士。
彼女が法曹界の異端と言われる所以、セーラー服を纏い真実を殺し殺人を犯した被告人を無罪にしてしまうことにあった。

全ての情報を舞台に描き証拠と証言の立証に合理的な疑いを抱かせ真実を殺すのが聖沢ウタのやり方だった。

早川湊斗(はやかわみなと)二十五歳記者、聖沢ウタの父親に父を殺された。

聖沢ウタは殺人で服役中の父親を無罪にし自分の手で殺そうとしている。

この二人の過去にいったい何があったのか

 

殺人無罪の感想

聖沢ウタは目的のために全ての依頼で無罪を勝ち取る為に弁護人が殺人者であろうが無罪にしてしまう。

しかしその無罪を得るための手段の中に弁護人とその周囲がどうなってしまっても構わないという手段も入っている。

聖沢ウタが無敗のまま父親に会うことになるのかそれとも負けて執着や呪いも無くなるのか殺人コーディネーターと関わり裁判で争うことになるか聖沢ウタと早川湊斗の二人が今後どうなっていくのかが楽しみです。

 

 

興味がある方はこちらへ
漫画 となりのヤングジャンプ

 

 

コミックス


殺人無罪 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

Amazon Kindle版
7net 楽天ブックス
DMM  

 

コメントを残す