偉大なるアニメ声優の訃報1999年

スポンサーリンク



偉大なるアニメ声優の訃報1999年

 

高橋 和枝(たかはし かずえ)さん

鉄人28号(第1作):金田正太郎

サザエさん:磯野カツオ〈2代目〉

ドラえもん(日本テレビ版):骨川スネ夫の母

アラビアンナイト シンドバットの冒険:ハッサン

くじらのホセフィーナ:ホセフィーナ

ドラえもん(テレビ朝日版第1期):黄色いドラえもん〈初代〉

楽しいムーミン一家:ジェーンおばさん

快獣ブースカ:初代ブースカの声

1998年5月14日、『サザエさん』収録中に1990年以前から患っていた骨髄異形成症候群による容態急変のために倒れ、そのまま東京都文京区の東大附属病院に搬送される。

復帰の願いもむなしく1999年3月23日午後5時、逝去。70歳没。誕生日を迎えた3日後のことであった。

葬儀の席で弔辞を担当した波平役の永井は、実際は高橋の方が2年(学年では3年)年上であるにも関わらず、『サザエさん』での役と同じく、父親の波平が息子のカツオに話しかけるような口調で、「カツオ。親より先に逝く奴があるか」「カツオ、桜が咲いたよ。散歩に行かんか」等と呼びかけた。

永井本人は冷静に語ろうとしたが感極まって涙声になり、弔問者の涙を誘った。

 

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』文を引用させて頂いております。

コメントを残す